曾田本その2を読み解く

2019年11月29日 (金)

曾田本その2を読み解く50神道無念流居合幾つか50の12本目

曾田本その2を読み解く
50、神道無念流居合幾つか
50の12本目

太田龍峰著中山博道校閲「居合読本」神道無念流(立居合12本)12本目
意義
前進中敵に先だち抜打ちをなし、敵の之に応ずるを切り返して倒す動作である。
動作
第1、右足より前進し二歩目(左足の地につくや)に刀を抜き三歩目に敵の正面を切る。
第2、切り返しをなす(第2本、第4動に同じ)。
 「両手で刀刃を上方にし刀刃を以て敵の刀を払ひ流し(此際刀尖は其位置を変ずることなく左拳を刀尖より稍々上ぐ)、同時に左手を中心にして刀を右肩の方面に転回しつゝ左足を左前方に踏み開き右足を左足の後方にひき敵の右肩より左斜下方に切り下ぐ。
第3、刀を収む。

曾田本その2神道無念流(立居合12本)12本目
意義
前進中敵(に)先に抜打をなし敵の之に応ずるを切り返し倒す也。
動作
第1、右足より前進二歩目左足にて刀を抜き三歩目に敵の正面を切る。
第2、切り返しをなす2本目第4動に同じ
 「両手で刀刃を上にし刀刃を以て敵の刀を払流し(此時刀尖は其儘に左拳を刀尖より稍上ぐ)同時に左手を中心に右肩より冠りつゝ左足を左前方に踏み右足を左足の後に引き敵の右肩より八相に切下ぐ」。
第3、納刀

 第1動では右足、左足と歩む時刀を抜き、左手を柄に添え上段に振り冠って三歩目右足を踏み込み敵の正面を切る。右足前のまま、右霞に構え敵を攻め、敵が打ち込んで来る刀を払い流す。
 右霞とは刀柄を握った右手の甲を下に左手の甲を上にして刀刃を左にし、切先を敵に向ける、此処では刀刃を上にし刀刃を以て敵の刀を払い流す。同時に右肩から上段に振り冠り、左足を左前方に踏み右足を左足の後方に引き、敵の右肩より左斜下(逆八相)に切り下げる。残心納刀。

木村高士著「長州藩相伝神道無念流」より大村藩無念流立居合業手付12本目前敵
 三歩進んで敵の正面を抜打つ。切返し、血振い、納刀は前に同じ。

木村高士著「長州藩相伝神道無念流」より戸賀崎無念流立居合業手付12本
 歩行中左足が出たとき刀を上に抜き、右足を踏み出し諸手で「矢」と前敵の真甲に打込む。素早く右足を進め「当」と霞み、左斜前に変って「鋭」と切返す。正眼に攻めて納刀する。
 最後の一刀は総て真剣なれば真二つに斬る可き意なり。後ち己を守る事。
 究練磨、自然自知活発、刀勢鋭く姿勢正しく。と本参考書末尾に真剣勝負の厳しさと、修行練磨の心得が書き加えられている。

 12本目は夫々の業手付に大きな違いは無い様です。 但し一刀目の「抜打」は刀を上に抜き上げ手を返して上段に振り冠り真向に切り下すと「敵の正面を切る」から想定していますが、どの様な敵の状況なのか記載されていませんので居合らしい抜刀ならば、歩行中敵が刀を抜き上段に振り冠って我が真向に打込んで来るのを、我は刀刃を左に向け柄を正中線上の上に抜き上げ敵刀を摺り落すや、上段に振り冠って敵の真向に切り下す。敵一歩退いて之を外すや、右霞で敵を攻め敵打込んで来るのを切り返す、など可想敵を動かしながら無双直伝英信流の業技法で応じて見ました。大村藩の場合は、どの様に抜打つのか、抜けが有ってわかりません。

 以上を以って曾田本の神道無念流立居合12本を読み解いてみました。太田龍峰先生の居合読本、木村高士先生の長州藩相伝神道無念流をお借りして神道無念流体居合12本の曾田本に記載されている居合を紐解いて見たのですが、他流の事故之で良しとは言えないかも知れません。 貴重な資料をありがとうございました、更にご教示賜れば無上の喜びです。 
 ミツヒラこと松原昭夫

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

曾田本その2を読み解く50神道無念流居合幾つか50の11本目

曾田本その2を読み解く
50、神道無念流居合幾つか
50の11本目

太田龍峰著中山博道校閲「居合読本」より神道無念流(立居合12本)11本目
意義
概ね第10本に同じであるが、敵、退却することなく、我、却って敵に追ひ詰められ後退しつゝ敵を切り倒す動作である。但し最初停止して居るのではなく、前進中敵に出合ったものとするのである。
動作
第1、右足より前進中右足の地につくや僅かに後退して刀を抜く(第1本第1動に同じ)。
 「右足より前進し二歩目(左足の地についた時)右手の拇指を下方より其他の指を上方より鍔元近く刀柄を握り右足(三歩目)を出すと同時に右手を以って刀を抜き(此時左手で鞘を前方に出す気持ちを加へ後方に振り上げ上体を左斜にして十字形を為し左足は右足につれ前方に送り概ね左足尖を右踵に接する如くあらしむ)敵の右肘を下方より切り上ぐ。
第2、第10本、第2、第3動に同じであるが、右足より後退しつゝ行くのが異ってゐる。
 「第2動:左足より二歩前進し敵の正面を切る(右足より二歩後退し敵の正面を切る)」。
第3、右同
 「第3動:刀を青眼の儘で、刀を敵に突きつける姿勢で二歩前進す(刀を青眼の儘で、刀を敵に突きつける姿勢で二歩後退す)」
第4、第10本、第4、第5動に同じ。
 「刀を上段にして残心を示す」。
第5、右同。
 「刀を青眼に復してこれを収む」。

曾田本その2神道無念流(立居合12本)11本目
意義
大体10本目と同じなるも、敵、退却せず我却て敵に追い詰められ後退しつゝ敵を切り倒す也、但し最初停て居るにあらず前進中敵に出会たるものとす。
動作
第1、右足より前進中右足の地につくや僅かに後退して抜刀(1本目第1動に同じ)。
 「右足より前進し二歩目左足にて柄を握り三歩目右足を出すと同時に抜刀(此時左手で鞘を前方に出す気持を加へ後方に振り上げ上体を左斜にして十文字形をなし左足は右足につれ前方に送り左足先を右踵に接する如くする)敵の右前肘を下より切り上ぐ」。
第2、1本目第2、第3動に同じであるが右足より後退しつゝ行くのが異なる。
 「1本目第2動:次に右手を左肩より振り冠り左手を添へ右足を一歩引き敵の正面を切る」
第3、右同
 「1本目第3動:更に右足一歩進め真向より正面を切る(更に左足一歩退き真向より正面を切る)」。
第4、10本目第4、第5動に同じ。
 「10本目第4動:次に上段にて残心を示し」。
 「10本目第5動:正眼に直り納刀」
第5、右同

 曾田本と居合読本とは切り上げて後の一刀目、二刀目の足裁きが違う様です。曾田本は切上げた時の右足を退きつつ上段になるや右足を地につくや敵の正面に切り下す、更に左足を一歩退きつつ上段になるや左足が地につくや敵の正面に切り下す。
居合読本は、右足踏み込んで切り上げた時、右足左足と退き真向に切り下し、更に右足左足と退いて真向に切り下しています。この違いから曾田本が引用した神道無念流立居合12本の出典が居合読本では無かったかもしれないとまた思ってしまいます。曽田先生も業を自分流にいじる癖があったかもしれません。

木村高士著「長州藩相伝神道無念流」より大村藩無念流立居合業手付11本目
 進行中、右足が床についたとき、素早く左足を右足に引き揃えて抜刀する。(-右足より後退し、左足後で切り上げる・・長州藩相伝)右左足と後退しながら刀を上段に冠り前敵の正面二打込む。中段、二歩後退して上段となり残心を示す。(-二歩前進して上段残心を示す‥長州藩相伝)晴眼に構える。血振い、納刀は前に同じ。

木村高士著「長州藩相伝神道無念流」より戸賀崎無念流立居合業手付11本目
 その場で右足を踏み出し、下方から逆袈裟に切上げ、切先は前敵の左首の高さとなる。更に二足一刀に攻め「当」と真甲に打込む。左、右足を進んで上段に冠り、右足から一歩攻めて中段となる。正眼に攻める。納刀。

 大村藩も戸賀﨑居合も、最初から攻め一方の姿勢です。

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

曾田本その2を読み解く50神道無念流居合幾つか50の10本目

曾田本その2を読み解く
50、神道無念流居合幾つか
50の10本目

太田龍峰著中山博道校閲「居合読本」より神道無念流(立居合12本)10本目
意義
敵に接近しある際、敵、刀を抜かんとするのに対して動作するも、敵、退却せるにより之を追詰めて切り倒す動作である。
動作
第1、右足を一歩出すと同時に刀を抜き敵の前肘を切る(第1本、第1動に同じ)。
 「右足より前進し二歩目(左足の地についた時)右手の拇指を下方より其他の指を上方より鍔元近く刀柄を握り右足(三歩目)を出すと同時に右手を以て刀を抜き(此時左手で鞘を前方に出す気持ちを加へ後方に振り上げ上体を左斜にして十字形をなし左足は右足につれ前方に送り概ね左足尖を右踵に接する如くあらしむ)敵の右前肘を下方より切り上ぐ」。
第2、左足より二歩前進し敵の正面を切る。
第3、刀を青眼の儘で、刀を敵に突きつける姿勢で二歩前進す。
第4、刀を上段にして残心を示す。
第5、刀を青眼に復しこれを収む。

曾田本その2神道無念流(立居合12本)10本目
意義
敵に接し居る時敵刀を抜かんとするに対し動作する敵退きたるにより之れを追詰めて切り倒す也。
動作
第1、右足を踏み出すと同時に抜刀敵の左前肘を切る1本目第1動同
 「右足より前進し二歩目左足にて柄を握り三歩目右足を出すと同時に抜刀(此時左手で鞘を前方に出す気持ちを加へ後方に振り上げ上体を左斜にして十字形をなし左足は右足につれ前方に送り左足先を右踵に接する如くする)敵の右前肘を下より切り上ぐ。
第2、左足より二歩進み正面を切る。
第3、次に青眼のまゝ突き付けながら二歩進む。
第4、次に上段にて残心を示し。
第5、青眼に直り納刀。

 居合読本も曾田本も動作は同じで、敵の抜かんとする右前肘を切り上げ、追い込んで真向に斬る。追い込む際の構えは左足踏み込み刀を左から上段に取り、右足踏み込んで真向に斬りこむので良さそうです。青眼に構えて左右と前進しつつ上段に構えて残心、其の足の儘青眼に復し、納刀。

木村高士著「長州藩相伝神道無念流」より大村藩無念流立居合業手付10本目
 その場に抜刀して諸手で上段に冠る。右足を踏み出して敵の正面に打込む。(-敵の右肘を切上げる・・長州藩相伝)更に、二足一刀で霞に攻め入り上段より真向水月まで打込む。中段となり左、右足と二歩攻め入り上段に冠り残心を示す。正眼に構える。血振い、納刀は前に同じ。

 小村藩無念流立居合10本目は、立ったままその場で刀を上に抜き上げ、諸手上段となり、右足を踏み込んで真向に斬り下すのですから、居合読本とも長州藩相伝とも異なります。文章の通りゆっくり大きくやっていたのでは何拍子になるでしょう。此処は刀を、刃を左に向け敵が打ち込んで切手も摺り落せる運剣で抜き上げるや拳を返して刃を正面に向け切り下すや左手を柄に添えて水月迄切り下す、敵怯んで後退知るを左足を踏み込み上段に振り冠り右足を踏み出し真向に水月迄切り下す。左右足と追い進み上段残心、正眼に直り、横血振り、納刀。
 無双直伝英信流正統会の附込の抜刀を立業で応じて見ました。然し読み進むに従い神道無念流居合は鞘の内からの抜き付けで相手に致命傷を負わせるか攻撃できない状況に追い込む無双直伝英信流の居合とは雰囲気が違います。抜打が不十分でも二刀目、若しくは三刀目で切り倒す神道無念流の居合とはその精神が違うのでしょう。

木村高士著「長州藩相伝神道無念流」より戸賀崎無念流立居合業手付10本目
 前の如く刀を頭上に抜く。右、左足と後退しながら上段に冠り「当」と前敵真甲に打込む。左足を右足に引き揃えて、その場に両足で飛び上り天上段となる。刀を徐々に下におろしながら右足を出し、前項の如く正眼に攻める。納刀。

 戸賀崎居合の独特な処は、斬りこむ時に「当」「鋭」「矢」戸の掛声を出す事。此の業に見られる「その場に両足で飛び上る」事。此の業では刀を頭上に抜き上げ右、左と後退しながら上段に冠り真甲に打ち込んでいます。他の教えが抜刀し、攻め込んでいます真甲に打ち込んでいます。此の場合の飛び上がり「天上段」に構える意味が何処にあるのか、解説されていませんが、此処では十分に敵を切った後に飛び上がって右弾に振り被り残心の様です。何時何処で他と異なる動作が行われるようになったのか興味のある処です。 

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

曾田本その2を読み解く50神道無念流居合幾つか50の9本目

曾田本その2を読み解く
50、神道無念流居合幾つか
50の9本目

太田龍峰著中山博道校閲「居合読本」より神道無念流(立居合12本)9本目
意義
敵の刀を抜かんとする前肘を切るも(第1本に同じ)敵之れを脱し我胴を切り来るに対し変化して切り倒す動作である。
動作
第1、第1本、第1動に同じ。
 「右足より前進し二歩目(左足の地についた時)右手の拇指を下方より其他の指を上方より鍔元近く刀柄を握り右足(三歩目)を出すと同時に右手を以って刀を抜き(此時左手で鞘を前方に出す気持ちを加へ後方に振り上げ上体を左斜にして十字形をなし左足は右足につれ前方に送り概ね左足尖を右踵に接する如くあらしむ)敵の右前肘を下方より切り上ぐ」。
第2、刀を頭上に被りつゝ右足より二歩後退し、刀の鎬ぎを以って敵、刀を下方に圧し、敵の我が胴を切り来るを防ぐ如く刀を体の右前下方に持ち来る(此時右足は左足に着く如く引き寄せる)。
第3、刀を其状態の儘少しく上げつゝ僅に前進す、此際左足は右足につく如く送り込む(敵を襲ふ気持なり)。
第4、切り返しをなす(第2本、第4動に同じ)
 「両手で刀刃を上方にし刀刃を以て敵の刀を払ひ流し(此際刀尖は其位置を変ずることなく左拳を刀尖より稍々上ぐ)同時に左手を中心にして刀を右肩の方面に転回しつゝ左足を左前に踏み開き右足を左足の後方にひき敵の右肩より左斜下方に切り下ぐ」。
第5、刀を収む。

曾田本その2神道無念流(立居合12本)9本目
意義
敵の抜かんとする前肘を切るも(1本目に同じ)敵之れを弛し我が胴を切り来るに対し体を変えし切り倒す。
動作
第1、1本目第1動に同じ
 「右足より前進し二歩目左足より柄を握り三歩目右足を出すと同時に抜刀(此時左手で鞘を前方に出す気持を加へ後方に振り上げ上体を左斜にして十字形をなし左足は右足につれ前方に送り左足先を右踵に接する如くする)敵の右前肘を下より切り上ぐ」。
第2、上段のまゝ右足より二歩退き次に鎬を以って敵刀を下方に押へ、敵我胴を切り来るを防ぐ如く刀を体の右前下方に持ち来る此の時右足を左足に引き付くる。
第3、次に青眼に直りつゝ少し前進す此の時左足は右足につく如く送り敵を襲う気持なり。
第4、次に切り返しをなす2本目第4動に同じ。
 「両手で刀刃を上にし刀刃を以て敵の刀を払流し(此の時刀尖は其儘位置にて左拳を刀尖より稍上ぐ)同時に左手を中心に右肩より冠りつゝ左足を左前に踏み右足を左足の後に引き敵之右肩より八相に切下ぐ」。
第5、次に納刀。

居合読本と曾田本では少々文言がことなる処が有りますが、ほぼ同じと見ていいでしょう。曽田先生も何故文言を変えたのか、或いは居合読本以外の資料によったのか疑問です。
 些細な文言の違いとは言え第3動で居合読本は「刀を其状態の儘少しく上げつゝ僅かに前進す」。曾田本は「青眼に直りつゝ少し前進す」。敵が我が胴に斬りこんで来るのを、裏鎬で右前下方に押さえ(圧し)た後の動作ですが、此処は敵が後退するならば曾田本の青眼は成り立つでしょうが、居合読本の方が良さそうです。神道無念流立居合は相手の状況は細部にわたって書かれて居ませんから此処は仮想敵の動きは自分で想像して第3動から第4動に繋いでいくのでしょう。

木村高士著長州藩相伝神道無念流より大村藩無念流立居合業手付9本目
 三歩進んで前方に抜刀。(ー1本目のように敵の右肘に切上げる・・長州藩相伝)敵が胴に打ち込んで来るので、僅かに左足を引き、続いて右、左と大きくこうたいして、右腰脇で刀の裏鎬をもって敵刀を払い落す。素早く晴眼で一歩攻める。再び打込んで来る敵刀を切返して右肩へ打込む・血振い、納刀は前に同じ。

 大村藩神道無念流立居合は敵と我との攻防が読めますが、「三歩進んで前方に抜刀」ではどうしていいか分からない。
 1本目は「敵の右肘を下方より刀に反りをうたせながら抜付け切上げる」。
 2本目は「三歩進んで、左足を僅かに引き上段に冠る。右、左足と二歩後退して真向に打込む」。
 3本目は「右足より三歩進み、右足が床についたとき左回り後方に向き、同時に抜刀し、右足を踏み出して上段から真向に打込む」。
 4本目は「三歩進んで後敵に目を注ぎ、右片手で刀を低く抜き、刃を上にして左上膊部に支え後敵を刺突す」。
 5本目は「三歩進んで左足を軸に右に向き、右足を一歩踏み出すと共に頭上に抜刀し、右敵の正面に打込む」。
 6本目は「三歩進んで右足の出たところで抜刀し、右足を軸に左に向き、左足を右足の後に引き、上段から左敵の正面に打込む」。
 7本目は「三歩進んで抜刀、右足を軸に左足を右足の後に引き右に向き、真向より右敵の正面に打込む」。
 8本目は「その場において右足を踏み出し、諸手で横一文字に抜付ける。
 9本目は「三歩進んで前方に抜刀。敵が胴に打込んで来るので、僅かに左足を引き、続いて右、左足と大きく後退して右腰脇で刀の裏鎬追をもって敵刀を払い落す」。
 居合と言えるか、抜いてから構えて切るのでは疑問を感じてしまいます、がこれも文章表現の仕方によると思えばそうかもしれません。然し9本目などは長州藩相伝は「前方の敵に下方から抜付ける、前敵は身を転じて我が胴を打って来るので、右足から二歩後退しながら左回りに刀を上段に冠り、敵の刀を刃をもって右前下に打ち払う」。と明快に居合抜から始まっています。

木村高士著「長州藩相伝神道無念流」より戸賀崎無念流立居合業手付
 前の如く刀を頭上に抜く。右、左足と後に引き、諸手で柄を握り、切先を左から小さく上に回して刃を前に向け敵刀を抑える。このとき、体重は後左足にかけ、切先は膝の高さとなる。右足を進め「当」と霞み、左斜前に変って「鋭」と切返す。正眼に攻める。納刀。

 戸賀崎居合も大村藩と同様です。鞘の内からの抜打を居合と思い込んでいる無双直伝英信流では之は居合ではないと思ってしまいます。恐らく元は居合としての抜打が稽古されて来たのでしょうが、抜打によって敵を一刀のもとに倒していない事からこの様な抜いてしまってからの動作にポイントがずれて行ったのかも知れません。其の辺のことは神道無念流にどっぷりつかって考えなければならないかもしれません。

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

曾田本その2を読み解く50神道無念流居合幾つか50の8本目

曾田本その2を読み解く
50、神道無念流立居合幾つか
50の8本目

太田龍峰著中山博道校閲「居合読本」より神道無念流(立居合12本)8本目
意義
勉めて敵に接近してから抜き打ちをなすも敵後退せるにより追詰めて切倒す動作である。
動作
第1、其場で抜刀し右足を一歩出して正面を切る
第2、左足より二歩前進して切る。
第3、第2本、第4動に同じく切返しをなす。
 2本目第4動:「両手で刀刃を上にし刀刃を以て敵の刀を払ひ流し(此際刀尖は其位置を変ずることなく左拳を刀尖よる稍々上ぐ)同時に左手を中心にして刀を右肩の方面に転回しつゝ左足を左前方に踏み開き右足を左足の後方にひき敵の右肩より左斜下方に切り下ぐ」。
第4、刀を収む。

曾田本その2神道無念流(立居合12本)8本目
意義
勉めて敵に接して抜打するも敵後退するにより追詰めて切倒す也
動作
第1、其場にて抜刀右足を一歩出し正面を切る。
第2、左足より二歩前進して切る。
第3、2本目第4動の如く切り返し
 2本目第4動:両手で刀刃を上にし刀刃を以て敵の刀を払流し(此の時刀尖は其位置にて左拳を刀尖より稍上ぐ)同時に左手を中心に右肩より冠りつゝ左足を左前に踏み右足を左足の後に引き敵の右肩より八相に切下ぐ」。
第4、納刀

 この業の分らない動作は、第1動です。無双直伝英信流では大森流の附込の抜刀から切り下す抜打ちでしょう。柄を持つ右手を正中線上に刀を抜き上げ刀刃は左外に向けて抜刀するや手を返して上段に振り冠り右足を踏み込み正面の敵の真向に打込む。
 続いて、左足、右足と前進して後退する敵を追い詰め上段から切下す。右霞に攻め込むと敵我が真向に打込んで来る処、切先を敵に付け、刃を上に左手を稍々高くして、敵刀を払い流し右肩より冠りつつ、左足を左前に踏み込み、右足を左足の後に引き、敵の右肩より逆八相に切り下げる。納刀。

木村高士著長州藩相伝神道無念流より大村藩無念流8本目
 其の場に於いて右足を踏み出し、諸手で横一文字に抜付ける。(ー真向正面に抜付ける 長州藩相伝)更に、二足一刀で前敵の正面に打込む。前敵が打込んで来るので、切返して敵の右肩に打込む。以下、前の業に同じ。

 大村藩の8本目の抜打ちは「諸手で横一文字に抜きつける」、左右と二足一刀で前敵の正面に打込む。更に「前敵が正面に打ち込んで来るので切り返し敵の右肩へ打込む」曾田本の敵刀を切返し(払流し)は神道無念流の右霞ですから「刀柄を握った右手の甲を下に左手の甲を上にして刀刃を左にし、切先を前敵に向ける。」となり打ち込まれて、敵刀を切り返して敵の右肩に打込む。

木村高士著「長州藩相伝神道無念流」から戸賀崎無念流立居合業手付
 直立の姿勢から素早く右手で刀を上に抜き上げ、左手を添えて右足を踏み出し「矢」と前敵の真甲を打つ。更に、二足一刀をもって攻め込み上段から「当」と正面真甲に打込む。右足を進め「矢」と右霞となり、左斜前に変って敵刀を切返しながら右足を左足の後に引き「鋭」と右面を打つ。正眼に攻め、納刀。

 戸賀崎居合は、我は刀を抜き上げ左手を添えて右足を踏み出し「矢」と前敵の真甲を打つ。二足一刀に攻め上段から「当」と真甲に打込む。敵我が真甲に打ち込んで来るや右霞で切り返して「鋭」と敵の右面を打つ、正眼、納刀。

| | コメント (0)

2019年11月24日 (日)

曾田本その2を読み解く50神道無念流居合幾つか50の7本目

曾田本その2を読み解く
50神道無念流居合幾つか
50の7本目

太田龍峰著中山博道校閲「居合読本」より神道無念流(立居合12本)第7本:
意義
前方右方の敵に対する動作(第6本に同じ)。
 意義
 「前方右方の敵に対するも右方の敵、最初我に近寄りすぎた為めに進出して切る事能はず、従って其場に於いて切り、次いで敵後ろに倒るゝを以って其儘進んで残心を示す」。
動作
第6本と全く同じであるが、但し右方にするだけ異ふ。
 第1、右足より前進し二歩目(左足の地についた時)右手の拇指を下方より其他の指を上方より鍔元近く刀柄を握り右足(三歩目)を出すと同時に右手を以って刀を抜き(此時左手で鞘を前方に出す気持ちを加へ後方に振り上げ上体を左斜にして十字形をなし左足は右足につれ前方に送り概ね左足尖を右踵に接する如くあらしむ)敵の右前肘を下方より切り上ぐ」。
 第2、左足を軸として右足を左足の後方にひき右向きをなし右正面を切る
 第3、左足を右足の所にひき刀を頭上に振り上げ左足を出して切る。
 第4、右足より二歩前進する(此際刀は青眼とする)。
 第5、刀を上段にして残心を示し。
 第6、青眼に復し刀を収む。

曾田本その2神道無念流(立居合12本)7本目
意義
前方の右方の敵に対する動作(6本目に同じ)
 意義「前方右方の敵に対するも右方の敵、最初我に近寄り過ぎた為めに進出して切ること能はず、従て其場に於て切り、次で敵後ろに倒るゝを以って其儘進んで残心を示す。
動作
6本目と替ることなし、左方と右方との異なるのみ。
 第1、1本目第1動「右足より前進し二歩目左足にて柄を握り三歩目右足を出すと同時に抜刀(此時左手で鞘を前方に出す気持を加へ後方に振り上げ上体を左斜にして十字形をなし左足は右足につれ前方に送り左足先を右踵に接する如くする)敵の右前肘を下より切り上げぐ」。
 第2、「左足を軸とし右向となして右正面を切る」。
 第3、次に左足を右足に揃へ上段となり左足にて切る。
 第4、次に中段の侭右足より二歩進み。
 第5、上段残心を示し
 第6、青眼に直り納刀

 7本目の意義は前および右敵に対するものですが、6本目と同じであれば「右方の敵、最初我に近寄り過ぎた為めに進出して切ること能はず」であるはずです。
 まず第1動、居合読本の前敵の切り上げは柄握りを解説していますが曾田本その2には柄握りは解説なしです。切上げの柄握りは順手で良いので解説不要でしょう。
 第2動の右敵への斬り付けで居合読本は左足を軸に右足を後方に引いて右敵を切っていますが、曾田本その2では右向きと成ったらそのまま切っている様な文章です。これでは右敵が近寄り過ぎて居る事に応ずる刀法とは言えません。敢えて肩を持てば、右足を踏み込み前敵を下から切り上げ右足に左足を引き付けて左足を軸に右に向きますから、右敵の間が近ければその足の侭か、右足若しくは左足を引いて調整するのは当然としたのでしょう。であればその様に書いておくべきです。
 第3、で「左足を右足に揃へ上段となり左足にて切る」と曾田本にあります。第2動を左足前で切っているのか、右足前で切ったのかで、斬る際の足踏みが、左足前で切って居れば左足を右足に引き付けて左足を踏み込み切る。右足前で切って居れば左足を前足の右足に引き付け左足を更に踏み込み切る。間の取り方に違いが出るもので修行が進んで間と間合いが十分把握できるようになってから行うべきで初めは居合読本の様にすべきでしょう。
 以下は取り立てて見るものはありません。無双直伝英信流には無い攻めと残心そして納刀の神道無念流らしい仕草と言えるでしょう。

木村高士著「長州藩相伝神道無念流」より大村藩無念流立居合業手付7本目
 三歩進んで抜刀、右足を軸に左足を右足の後に引き右に向き、真向より右敵の正面に打込む。更に右足を左足に引きつけ正面に打込む。左、右と霞に二歩攻め入り上段残心を示す。晴眼となって血振い、納刀は前に同じ。

 大村藩の7本目で足の引き様が居合読本や曾田本と違う、それは前敵への切上げの際の足s履きに由来します。「右足より三歩進み、右足が床につくと同時に、敵の右前肘を下方より刀に反りをうたせながら抜き付け切上げる。右足を左足に引き揃えて・・」とありますから、踏み出した右足を後足の左足に引付て右足を軸に右に回り左足を引いて打込むのです。
 居合読本も曾田本も右足を踏み込んで前敵に下から切上げ、左足を右足に引き付ける動作と異なるわけです。大村藩では更に右足を左足に引付て切っていますから、これは、右足を再び踏み込んで切るかどうか手付は語らずです、更に退いたまま切るかで右敵が切られても攻めて来る想定になるのです。
 それから右左と前進して右霞で攻め上段残心、晴眼となって横血振り納刀。居合の敵は仮想敵です、相手の出方に依り如何様にも業が変化して当然です。師匠の癖や武術の力量、哲学によって元の業は限りなく動くものです。時々気の付いた者が元へ戻すことに心血を注がなければ武術が踊りになってしまうのです。

木村高士著「長州藩相伝神道無念流」より戸賀崎無念流立居合業手付 7本目
抜付は前に同じ。右足を軸にして左回りに左足を右足の後に引き、右から上段に冠り左手を柄にかけ諸手で「当」と左敵の正面真甲を打つ。更に、右、左と後退し「当」と腰撓(こしだめ)に打込む。以下。6本目に同じ。

抜付けは「三歩進んで間に入るや「矢」と、右手を水平にして前敵に抜付ける。抜付けたとき、刀は水平にして切先は眼の高さ、刀刃は斜め左に向く。左手は鞘を放して、後方水平になるまで腕と指も伸ばす」所謂横一線の抜き付けです。切先は眼の高さですから稍々斜め上に向いている。「後方水平になるまで・・」は説明がありませんが鞘が水平なのかなと思います。
 「右足を軸にして左回りに」ですからこれは他流の6本目に相当します。前敵を水平に抜き付け、左敵に振り向いて左足を右足の後方に引いて、左敵の正面真甲を打つ、敵怯まずに攻めて来るので、右足、左足と後退し「こしだめ」に打込む。とはどうしたら要求を充たせるか不明です。退きながらの攻防は腰が引けない様にぐっと丹田に気を充実させて打込むのでしょう。

 

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

曾田本その2を読み解く50神道無念流居合幾つか50の6本目

曾田本その2を読み解く
50、神道無念流居合幾つか
50の6本目

太田龍峰著中山博道校閲「居合読本」より神道無念流(12本)立居合第6本目:
意義
前方左方の敵に対するも左方の敵、最初我に近寄りすぎた為めに進出して切ること能はず、従がって其場に於いて切り、次で敵後に倒るゝを以って其儘進んで残心を示す。
動作
第1、第1本、第1動に同じ。
 第1本第1動:「右足より前進し二歩目(左足の地についた時)右手の拇指を下方より其他の指を上方より鍔元近く刀柄を握り右足(三歩目)を出すと同時に右手を以って刀を抜き(此時左手で鞘を前方に出す気持ちを加へ後方に振り上げ上体を左斜にして十字形をなし左足は右足につれ前方に送り概ね左足尖を右踵に接する如くあらしむ)敵の右前肘を下方より切り上ぐ。」
第2、右足を軸として左足を右足の後方にひき左向をなし左正面を切る
第3、右足を左足の所にひき刀を頭上に振り上げ右足を出して切る
第4、左足より二歩前進する(此際刀は青眼とする)。
第5、刀を上段にして残心を示し。
第6、青眼に復して刀を収む。

曾田本その2神道無念流(立居合12本)6本目:
意義
前方左方の敵に対するも左方の敵最初我に近寄り過ぎた為めに進出して切ること能はず、従て其場に於て切り、次で敵後ろに倒るゝを以て其侭進んで残心を示す。
動作
第1、1本目第1動に同じ。
 1本目第1動:「右足より前進し二歩目左足にて柄を握り三歩目右足を出すと同時に抜刀(此時左手で鞘を前方に出す気持を加へ後方に振り上げ上体を左斜にして十字形をなし左足は右足につれ前方に送り左足先を右踵に接する如くする)敵の右前肘を下より切り上ぐ。
第2、右足を軸とし左向となり左正面を切る
第3、次に右足を左足に揃へ上段となり右足にて切る
第4、次に中段の侭左足より二歩進み。
第5、上段の残心を示し。
第6、青眼に直り納刀。

 6本目は右足を踏み込み下から切り上げ、左足を右足に引き付ける。左足を軸とし左に向き直り、左足を右足の後方に引いて近寄り過ぎた敵との間合を調節して右足前で左の敵の正面を切る。
 此の時曾田本は「左足を軸として左向きとなり左正面を切る」ですから切る際左足も右足も引いていません、近寄り過ぎた敵に何らする事も無く斬り付けています、此処は曾田本の写し忘れとしておきます。
 次は、右足を左足に引付つつ上段となり敵の様子を推し測り、間を外し、再び右足を踏み込んで切る。上段に振り冠って残心、敵倒れるや青眼に直り納刀。
 曽田本の文章は第2、第3とも居合読本と異なる処が有ります。また、長州藩相伝では前敵へ切り上げる際左足を右足に送らず。左へ振り向く初動に右足を左足に僅かに引いてから、右足を軸に左へ向きます。

木村高士著「長州藩相伝神道無念流」より大村藩無念流立居合業手付 6本目左敵:
 三歩進んで右足の出たところで抜刀し、右足を軸に左に向き、左足を右足の後に引き、上段から左敵の正面に打込む。更に、右足を左足に引きつけて正面に打込む。左、右足と霞に二歩攻め入り上段となり残心を示す。晴眼となって血振いをする。納刀は前に同じ。

 正面の敵は右前肘を切り上げられるので曾田本と同じ、(左足に引き付け)右足を軸に左に向き左足を後方に引いて左敵に討ち込む、更に右足を左足に引きつけ(右足を踏み込んで)正面に打込む。、左足右足と二歩右霞に構え攻め進み、上段に構え残心、刀を下し青眼となり(刀を小さく横に振って)血振り納刀。

木村高士著「長州藩相伝神道無念流」より戸賀崎無念流立居合業手付 6本目:
 抜付は前に同じ。
 「三歩進んで間に入るや「矢」と、右手を水平にして前敵に抜付る。抜付けた時、刀は水平にして切先は眼の高さ、刀刃は斜左に向く。左手は鞘を放して、後方水平になるまで腕と指も伸ばす。」
 右足を左足に寄せながら右敵に向かい、刀刃上段に冠って右足を出し「当」と真甲を打つ。右、左足と後退して腰を引き、左膝を曲げ、左足に体重を載せ上段に冠り、右敵の正面に、切先は膝の高さまで打込む。更に、左、右足と進みながら刀を上段にとり、右足から一歩進んで中段正眼の構えとなる。正眼に攻め、納刀。

 この戸賀崎居合6本目は敵は前・右となっていて他の手付けと異なります。前敵に右足を踏み込み水平に抜き付け、右足を左足に引きつけ、左足を軸に右敵に向かい上段から「当」と真甲を打つ。右、左足と後退して腰を引き、左膝を曲げ、左足に体重を載せ上段に冠り、右敵の正面に、足はそのまま、切先は膝の高さまで打込む。
 更に左、右足と進みながら上段に冠るり、右足から一歩進んで中段正眼の構えとなり青眼に攻め残心、納刀。


| | コメント (0)

2019年11月22日 (金)

曾田本その2を読み解く50神道無念流居合幾つか50の5本目

曾田本その2を読み解く
50、神道無念流居合幾つか
50の5本目

太田龍峰著中山博道校閲「居合読本」より神道無念流(立居合12本)第5本目:
意義
前右左の敵に対する動作である。
動作
第1、第1本目第1動に同じ。
 第1本目第1動:「右足より前進し二歩目(左足の地についた時)右手の拇指を下方より其他の指を上方より鍔元近く刀柄を握り右足(三歩目)を出すと同時に右手を以って刀を抜き(此時左手で鞘を前方に出す気持ちを加へ後方に振り上げ上体を左斜にして十字形をなし左足は右足につれ前方に送り概ね左足尖を右踵に接する如くあらしむ)敵の右前肘を下方より切り上ぐ。」
第2、左足を軸として右方に向ひ右方の敵の正面を切る。
第3、左足を軸として廻れ左をなし右足を一歩踏み進出して左の敵の正面を切る。
第4、刀を収む。

曾田本その2神道無念流(立居合12本)5本目
意義
前右左の敵に対する動作なり。
動作
第1、1本目1動に同じ。
 第1,1本目1動:「右足より前進し二歩目左足にて柄を握り三歩目右足を出すと同時に抜刀(此時左手で鞘を前方に出す気持を加へ後方に振り上げ上体を左斜にして十字形をなし右足につれ前方に送り左足先を右踵に接する如くする)敵の右前肘を下より切り上ぐ」
第2、左足を軸とし右の敵の正面を切る。
第3、左足を軸とし廻れ左をなして右足を一歩出して左の敵之正面を切る。納刀。

 曾田本は第一動の柄握りを解説していませんが、居合読本は「右手の拇指を下方より其他の指を上方より鍔元近く刀柄を握り」と解説しています。無双直伝英信流では当然の柄握りですから「柄を握り」とさらりと書いたのでしょう。
 抜刀して敵の前肘を切り上げる際、刀の刃を下に返して切り上げるはずですが、居合読本も曾田本も触れていません。むしろ「左手で鞘を前方に出す気持ちで後方に振り上げ」と意味不明の文章を掲げ、鞘を前に出す気で後方に振り上げたら、上体は前が掛かりになりそうだなとか思ってしまいます。切り上げるにはその方が手打ちにならず切先に力が乗っていきそうです。
 次に「上体を左斜にし」は右半身でとは読めますが、次の「十字形」の意味は理解できません。刀と体が十字形かななど思いますが、此処は神道無念流の教えを受けなければ理解できそうにありません。
 敵の前肘を切り上げる際左足を右足踵に追い足裁きを要求しています。第1動は右足と左足が接した状況で、その足で左足を軸に右回りに右に向き直りつつ刀を左から上段に振り冠り「右の敵の正面を切る」この際右足を踏み出す指示は無いのですが左右の足を接しての斬りこみは無双直伝英信流には見当たりませんので、右足は敵に向いて一歩踏み込んでしまうのは我が流の癖でしょうか。相手との間合い次第で調整するとします。
 第3動では左足を軸に左回りに左の敵に振り向き右足を踏み込んで左の敵の正面を切る。納刀。
 神道無念流立居合の抜付け後の動作は対敵を置いていますが、手附では仮想敵の動きは特定せず、状況は自分で幾つも想定して応じろと云うものでしょう。

 長州藩相伝神道無念流立居合5本目では「切上げ、右正面打込、左正面打込、納刀」で想定は同じ、前敵抜付は同じですが、左足は右足に追足ではなく、右足を踏み込んで切上げ、右敵に対しては、右足の半歩前に左足を踏み出し左足を軸に右に回り、右足を踏み込んで右敵に打込む。次に右足を軸にして左回り、右足を踏み出して左敵に打込む」この方が形を演ずるばかりの者には、容易そうです。形を「かたち」だからと言って教えられたままにしかしない、出来ない、変化に応じられないのが現代の状況です。

木村高士著「長州藩相伝神道無念流」より大村藩無念流立居合業手付 5本目右、左敵:
 三歩進んで左足を軸に右に向き、右足を一歩踏み出すと共に頭上に抜刀し、右敵の正面に打込む。
 右足を軸に左に回って後を向き、右足を一歩踏み出して左敵の正面に打込む。血振い、納刀は前に同じ。

 大村藩 の神道無念流立居合5本目では左右の敵に割り込む様にして、右左と切るのであって、前敵が想定されていません。是では立居合12本が時代経過と共に変化した例とも云えるでしょう。
 大村藩では安政元年(1854年)大村藩主大村純煕によって斎藤弥九郎の三子歓之助を剣道師範に迎えているのですが同じ斎藤派なのに長州藩とは異なる処が多い。と木村高士先生は「長州藩相伝神道無念流」に書かれています。

木村高士著「長州藩相伝神道無念流」より戸賀崎無念流立居合業手付 5本目:
抜付は1本目に同じ。
 1本目抜付:「三歩進んで間に入るや「矢」と、右手を水平にして前敵に抜付ける。抜付けたとき、刀は水平にして切先は眼の高さ、刀刃は斜左に向く。左手は鞘を放して、後方水平になるまで腕と指も伸ばす」
 左足を右足に引き寄せ乍ら右敵に向い、刀刃ひだりから上段に冠って右足を踏み出し「当」と真甲を打つ。足組はそのままで左回りに左敵に向い、上段から右足を踏み出して「鋭」と正面に打込む。正眼に攻め、納刀。

 戸賀崎居合は敵は前・右・左で長州藩相伝と同じですが、前敵には横一線の抜き付けで応じています。神道無念流の前敵に応じる抜き付けは、横一線の水平抜き付けと下からの切上げ、或いは抜き上げて切り下す「抜打」の方法が伝わっていたのでしょう。どの流派にもある抜刀法ですから我が無双直伝英信流の動作で対応でします。しかしそれは本来の神道無念流であるかどうかは別問題です。

 

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

曾田本その2を読み解く50神道無念流居合幾つか50の4本目

曾田本その2を読み解く
50、神道無念流居合幾つか
50の4本目

太田龍峰著中山博道校閲「居合読本」より神道無念流(立居合12本)第4本目:
意義
前進中後方の敵に鐺を持たれ尚ほ続いて前方よりも敵に襲はれ即ち前後にある敵に対する動作である。
動作
第1、右足より前進中左足のつくと同時に若干上体を前に懸け右手で刀柄を下より握り(此の握り方は拇指は上方に其他の指は下方にする)腰を左方に廻し刀を抜く。
第2、上体を其儘とし左上膊の左側に刀刃を左斜上方にして後方の敵を刺す(此時著眼は後方の敵とす)。
第3、刀柄に左手を添へ刀刃上方に刀尖を前方に向く如くし、若干前方に進み前方の敵を刺す(此際左足は右足につくやうに送る)。
第4、右足を後ろにひくと同時に刀を右脇に刀身を概ね水平なる如く持ち来り、後方の敵を刺す(此時著眼は後方の敵とす)。
第5、刀柄を持ち替へ右足を一歩出して正面を切る。
第6、左足を軸として廻れ左をなし右足より一歩進み後方の敵の正面を切る。
第7、刀を収む。

曾田本その2神道無念流(立居合12本)4本目:
意義
前進中敵後方より来り鐺を取られ続いて前方よりも敵切り掛け来るのに対する動作なり。
動作
第1、右足より前進中左足にて上体を前に懸け右手にて刀柄を下より握り(此の握り方は拇指は上方に其他の指は下方にす)腰を左方に廻し刀を抜く。
第2、上体を其侭とし左上膊の左側に刀刃を左斜上方にして後方の敵を刺す。
第3、柄に左手を添え刀刃上方に刀尖を前方に向け踏み出して前方の敵を刺す左足を送る也。
第4、右足を引くと同時に刀を右脇に刀身を水平にして後方の敵を刺す。
第5、柄を持ち替へ(右足を一歩出して正面を切る)
第6、左足を軸とし左に廻り右足より一歩進み後方の敵の正面を切り納刀。

この4本目の業は「後方の敵に鐺を持たれ」と意義に在るのですが、鐺を取られたための動作が明記されていないと思えるのですが、第1動・第2動で充分その効果は発揮されると云うのでしょう。
 次に意義では、敵は前と後「前後にある敵に対する動作」と言って居ます。それではこの動作は何を意味するのでしょう。
 敵に対する動作は
1後方の敵に左側から刃を左上に向け刺突(第1・第2)、2前方の敵に刃を上にして刺突(第3)、3後方の敵を右脇から刀身を水平にして刺突(第4)、4前敵を正面より切る(第5)、5後方の敵を振り向いて正面より切る。
 前と後の敵ならば、後の敵は左からと右から2度刺突され正面より切られています。前の敵は刺突され正面より切られています。稽古業ですから良しとしても聊か違和感を感じます。

木村高士著「長州藩相伝神道無念流」より大村藩無念流立居合業手付 4本目 後、前敵:
 三歩進んで後敵に目を注ぎ、右片手で刀を低く抜き、刃を上にして左上膊部に支え後敵を突刺す。僅かに右、左足を前に進めながら左手を柄頭にかけ、刀先が下方より体の前に来るように操作し、右手を逆手に持ちかえ、刀身を右脇下に抱くようにして刀先を後敵に向け、右足を一歩後に引き後敵を突く。(ー後敵を突く前に、その場で前敵を突く(長州藩相伝))。左右の手を本手に持ち直し刀を上段に冠り、右足を踏み出して前敵の真向に打込む。更に、左回りに右足を出して後敵の正面に打込む。血振い、納刀は前の通り。

 前後に敵に遭遇して、後敵を順手(本手)で左から刺突し、逆手に持ち変えて右から更に刺突しています。逆手を本手に持ち変えて前敵を真向から斬って、左廻りに振り向いて後敵の正面に打ち込んでいるのです。前敵は刺突されずに真向を切られます。

戸賀崎無念流立居合業手付 4本目:
 歩行中、右足が前に出たとき、逆手で柄を握って鯉口を切り、立止まって左後の敵を見る。右膝を曲げて体重を右足にかけ、上体を前に傾け左半身となり抜刀する。刀の棟を胸に添え、切先は肩の高さに保ち、足はそのままで「矢」と下から後敵の咽を突く。
 刀先を下にして、左斜前下から右下にと刀身を回し、刃を下にして右脇下に抱え、右手の甲を上にして柄を握る。右後敵の脇腹を下から「矢」と突く。
 直ちに、前方に向いている足はそのままで、体を右斜前の敵へ向けつつ右手を持ち替えて上段に冠り、右足を踏み出し「当」と真甲を打つ。
 更に、左回りに刀を右斜上に冠って右足を踏み出し、後敵の左横面に「矢」と打込む。正眼に攻め、納刀。

 此の場合も、後敵は左脇から咽を刺突され、更に右脇から右後敵の脇腹を刺突される。「右後敵」と後敵を区別していますから後敵は左側と右側に二人いる想定の様です。前敵は「右斜前の敵」と位置指定しています。逆手を持ち変えて真甲に打ち込まれます。
 更に振り向いて、八相から後敵の左横面を切られます。仮想敵の存在をどの様に配置して運剣するか、という命題がやや状況次第の様でおおらかですから業手付に依って固定されず、おおらかと言えるでしょう。細かい敵の位置と動作の口伝口授が有るのかも知れません。

 

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

曾田本その2を読み解く50神道無念流居合幾つか50の3本目

曾田本その2を読み解く
50、神道無念流居合幾つか
50の3本目

太田龍峰著中山博道校閲「居合読本」より神道無念流(立居合12本)第3本目:
意義
前進中後方より襲ひ来る敵が我を呼ぶに対する動作にして敵を二回追ひ詰めひ切り倒す動作である。
動作
第1、右足より前進中右足の地につくや直に廻れ左をなし右足を踏み出すと同時に刀を抜き敵の右前肘を切る(第一本、第1動に同じ)。
第2、左足より二歩前進し敵の正面を切ること二回(前進中刀を頭上に振り被り)。
第3、体を転じて切返しをなす(第2本、第4動に同じ)。
第4、刀を収む。

曾田本その2神道無念流(立居合12本)3本目:
意義
前進中後方より敵我を呼ぶにつき二回追詰め切る也
動作
前進中左へ振り返り右足を踏み出し敵の右肘を抜打に切り、次に左足より踏み込みて切り右足にて更に切り込む也、続いて2本目第4の如く体を転じ切返しをなす
次に納刀。

後方の敵が我を「お命頂戴」と言って斬り懸るのを察して左回りに振り向くや敵の前肘を下から抜打ちに切り上げる。敵退かんとするを左・右と追い込んで正面を切る、更に左右と追い込んで正面を切る。
 敵反撃の気配あるを察し、右霞に構え(両手で刀刃を上にし)刀刃を以て敵の刀を払流し同時に左手を中心に左肩より冠りつゝ左足を左前に踏み右足を左足の後に引き敵之右肩より八相に切下ぐ。
次に納刀。
曾田本では、敵の前肘を切り上げるや、左足を踏み込んで正面を切り、再び右足を踏み込んで正面を切って、敵反撃せんとするを霞に構えて払い流し、左足を左前に踏み込み、右足をその後方に踏み、左から逆八相に敵の右肩より切り下す。

木村高士著長州藩相伝神道無念流より大村藩無念流立居合業手付3本目後敵:
 右足より三歩進み、右足が床についたとき左回り後方に向き、同時に抜刀し、右足を踏み出して上段から真向に打込む。(ー後敵に向き、敵の右前肘へ抜き付ける。以下は同じ(長州藩相伝神道無念流立居合3本目))更に、二足一刀をもって上段から後敵の真向に打込む。切返し、納刀は同じ。

大村藩の3本目は、右・左・右と三歩前進し三歩目右足が床につくや左回りに後方に振り向き、刀を上に抜き上げ上段から右足を踏み込み後敵の真向に打込む。此処は長州藩相伝も、居合読本も、曽田本その2も振り向くや右足を踏み出し下から敵の前肘に切り上げる所で抜刀の仕方が異なります。
 怯む敵を更に左足右足と敵を追い詰め上段から後敵の真向に打込む。敵の反撃の意を察して右霞に構え、敵真向に打込んで来るや払流し左足を左前に踏込み右肩から振り被って右足を左足の後方に摺り込み逆八相に敵の右肩を切り下げる。納刀。

木村高士著長州藩相伝神道無念流より戸賀崎無念流立居合業手付3本目:
 歩行中、右足が前に出たとき、刀に手をかけ後敵を振り返って見る。このとき、右膝を僅かに曲げて体重を右足にかけ、そのままの足で左回りに後を向く。右足を踏み出して1本目の如く「矢」と抜付ける。更に、二足一刀で真甲に「当」と打つ。右足を進めて「矢」と霞に攻め、左に切返して「鋭」と敵の右横面に打込む。1本目の如く正眼に攻め入る。納刀。

 歩行中、右足を踏み出した時後ろに振り向き、敵の斬りこみを察し右足の重心を乗せ左回りに後ろを向くや、右足を踏み出し1本目の如く「矢」と掛け声を出し、右手を水平にして前敵に抜付ける。(抜付けたとき、刀は水平にして切先は眼の高さ、刀刃は斜左を向く。左手は鞘を放して、後方水平になるまで腕と指も伸ばす)。左足右足と敵を追い詰め真向に「当」と打つ。更に右足を進めて「矢」と右霞で攻め、敵打込んで来るを払流し、左足を左前に踏込み右足の後方に摺り込み切り返して「鋭」と敵の右横面に打込む。納刀。
 戸賀崎居合は振り向くや横一線の抜き付けです。是は「中山博道剣道口述集」にある中山善導・稲村栄一原著の神道無念流立居合の抜き付けです。そこでは下から右斜上に切り上げるのは神道無念流立居合では正式では無いと言って居ます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

介錯口伝・他・神妙剣 女剣士 居合兵法の和歌15-7 居合兵法極意巻秘訣15-6 居合兵法極意秘訣15-3 干支を読む 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書を楽しむ 曽田本その1の3業附口伝原文4大小立詰 曽田本その1の3業附口伝読み解く4大小立詰 曽田本その2を読むの2 曽田本その2を読むの3 曽田本その1の1神傳流秘書を読み終えて 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く始めに 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く2居合兵法伝来 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く3大森流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く4英信流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く5太刀打之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く6坂橋流棒 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流1詰合 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流2大小詰 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流3大小立詰 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く8大剣取 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く9抜刀心持之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌 曽田本その1の1神傳流秘書原文始めに 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文2居合兵法伝来 曽田本その1の1神傳流秘書原文3大森流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文4英信流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文5太刀打之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文6坂橋流棒原文 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流1詰合 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流2大小詰 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰 曽田本その1の1神傳流秘書原文8大剣取 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事 曽田本その1の2英信流目録原文初めに 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合巻 曽田本その1の2英信流目録読み解く初めに 曽田本その1の2英信流目録読み解く1居合棒太刀合巻 曽田本その1の3業附口伝原文を読み解く初めに 曽田本その1の3業附口伝原文1太刀打之位 曽田本その1の3業附口伝原文2詰合之位 曽田本その1の3業附口伝原文3大小詰 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位 曽田本その1の3業附口伝読み解く3大小詰 曽田本その1の4居合根元之巻原文 曽田本その1の4居合根元之巻読み解く 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣原文 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣原文 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣原文 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く 曽田本その2を読む 曽田本その2を読むの4 曽田本スクラップ土佐の居合 曽田本スクラップ居合 曽田本スクラップ戦時下 曽田本免許皆伝目録15-11 曽田本業附口伝15-10 曾田本その1の8その他原文 曾田本その1の8その他読み解く 曾田本その1の9居合兵法の和歌原文32首 曾田本その1の9居合兵法の和歌読み解く32首 曾田本その1付録曽田虎彦研究中抜刀術 曾田本その2を読み解く 神傳流秘書14-10英信流目録小太刀之位 神傳流秘書14-1序 神傳流秘書14-2引歌及び伝来 神傳流秘書14-3大森流・英信流・太刀打 神傳流秘書14-4棒 神傳流秘書14-5詰合 神傳流秘書14‐6大小詰・大小立詰 神傳流秘書14‐7大剣取 神傳流秘書14‐8抜刀心持之事 神傳流秘書14‐9夏原流和之事 秘歌之大事 稽古の日々 英信流居合目録秘訣15-4 英信流目録15-8 道場訓