曾田本その1付録曽田虎彦研究中抜刀術

曾田本其の1の末尾に書き込まれた曽田虎彦先生の研究に依る抜刀術5本

2019年11月15日 (金)

曾田本その1付録抜刀術(曽田虎彦私剣 研究中)その5弛之刀

曾田本その1付録抜刀術
(曽田虎彦私剣 研究中)
その5、弛之刀

原文
是も歩ミ行内切り懸り来るを春つかりとはずして抜き次に右足を一歩踏ミ込ミて斬り下し右足を引きて高山二構へ左足を引きつゝソロリと下し納刀前同し

読み
是も歩行うち、斬り懸り来るをすっかりと外して(弛して)抜き、次に右足を一歩踏み込みて斬り下し、右足を引きて高山に構へ左足を退きつつそろりと下し納刀前に同じ。

 この手附も抜けだらけですが、古伝の気分で稽古して見れば、歩行内前方から敵が上段に振り冠って、斬り懸って来る、我は左足を踏み出し鯉口を切り右足を踏み出して柄に手を掛け左足を踏み込み刀を一尺程抜き出し、右足を少し摺り出し敵の斬りこみを誘う、敵上段から斬りこんで来るを、右足を引いて間を外しながら、刀を体に引き付け刃を左外に向け左肩を覆う様に右手は正中線上を抜上げ、敵の刀を外すや上段に振り冠って右足を踏み込むや敵の真向に切り下す。
 右足を引いて左上段に構え残心、左足を退きつつ刀を青眼に下し、血振り納刀前に同じ。
 現代居合の大森流(正座の部)附込の立居合の動作が良さそうです、但し敵は真向から切り下す刀が空を切る事も予測し我が水月迄の斬り下しならば、正面への踏み込みは危険です。右足を稍々右に踏み込み右に体を開きながら敵の左面に斜めに切り下ろすべきでしょう。或は左に体を開きながら、敵の右面に斬り下すのです。仮想敵相手の一人演武では自分に都合の良い想定で得々としていますが、敵も外されたとしても無疵なのです。
 切ってくれとばかりに切先を膝下まで切り下げ体を俯けるなど、居合の稽古でもやったことが無いことをすべきでは無いでしょう。
 
 この業は全剣連の制定居合12本目「抜打ち」が、歩行中か相対して居るかの違いはあっても要義は同じです:相対して直立している前方の敵が、突然、切りかかってくるのを、刀を抜き上げながら退いて敵の刀に空を切らせ、さらに真っ向から切り下して勝つ。
動作:直立したまますばやく刀に両手をかけ、左足を後方に引き、右足を左足近くに引きよせながら刀をすばやく頭上に抜き上げると同時に左手を柄にかけ、間をおくことなく右足を踏み込むと同時に真っ向から切り下す。
 
 古伝神傳流秘書の抜刀心持之事には「抜打」と「弛抜」が有ります。
抜打:歩み行中に抜打に切る敵を先に打心也。
弛抜:前の如く歩み行敵より先に打を体を少し開き弛して抜打に切る也。
 この「弛抜」は歩み行時前方の敵が上段から真向に斬り懸って来るのを、足を引いて外すのではなく、右か左へ少し踏み込んで体を躱しながら上段に抜き上げ片手真向でも両手真向でも良さそうです。より良いのは後足を前足の後に摺り込み、右に踏み込めば敵の左面、左ならば敵の右面でしょう。

 以上5本の立居合を曽田先生は曾田本その1の末尾に残されています。元々曾田本は曽田先生の土佐の居合の覚書ですから、古伝の業を復元研究しながら、考えていたのかも知れません。抜けだらけの手附でしたから読み込んで様々な技法が思い浮かんでも当然です。その業を稽古しながらより良い技を産み出せれば曽田先生もホッと肩の荷を下ろされる事も有ろうかと思います。

 以上で曾田本その1、その2の全てを終ります。

 

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

曾田本その1付録抜刀術(曽田虎彦私剣 研究中)その4四方

曾田本その1付録抜刀術
(曽田虎彦私剣 研究中)
その4、四方

原文
是も歩ミ行内右足尓て抜き左足尓て刀を半身二胸耳添へ直二右足尓て前方を突次二左前を受希る心持尓て左後を切り右後を切り左前を切り納刀前に同し

読み
是も、歩み行くうち右足にて抜き、左足にて刀を半身に胸に添え、直に右足にて前方を突き、次に左前を受ける心持にて左後を切り、右後を切り左前を切り、納刀前に同じ。

 是も、抜けだらけですが、正面、左前、左後、右後に敵を受け、前敵が刀を抜いて上段から斬りこまんとするを、納刀したまま右足を踏み出し左手で鯉口を切り、左足を踏み出しつつ柄に右手を掛け刀を抜き出し、右足を踏み込んで敵の拳に抜き付ける。
 敵怯んで下らんとするに乗じ、左足を踏み出しつつ左半身になって刀の棟を我が胸に切先前にし刃を右外に向けて添え、右足を踏み込んで前敵を刺突する。
 次に左前の敵が斬りこんで来るのを受ける心持で、左肩を覆う様に受け流す体勢で、左足を右足に引き付け左足を軸に左回りで後に振り向き、上段に振り冠って右足を右前に踏み出し左後(振り向いた右の敵)の敵を切り、更に右肩を覆う様に上段に振り冠って、右足を左前に踏み替え右後(振り向いた左の敵)の敵を切る。
 更に、左足を軸に左回りに左前に振り向き軸に右肩を覆う様に上段に振り冠って左前の敵を其の儘の体勢で真向に斬る。血振り納刀、前に同じ。

 現代居合では、この様な相手の拳への抜き付けは失念していますが、此処は吉宗貞義の門弟として抜付けとは横一線の抜き付けで敵の抜刀せんとする拳、或いは抜刀して上段に振り冠って間を越さんとする上段の拳、又は神道無念流で学んだ下からの敵右肘への抜き付けをイメージして見ました。
 状況を想定して、演じるとこの様ですが、後方の敵に自分がなった場合、或いは前左の敵であった場合、この曽田先生の動作で生き残れるか自信はありません。
 

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

曾田本その1付録抜刀術(曽田虎彦私剣 研究中)その3追加八相

曾田本その1
抜刀術付録(曽田虎彦私剣 研究中)
その3、追加八相

原文
是も歩ミ行内抜きつ希二払捨て左足を込ミて左八相より敵右首根二又右足を込ミて右八相より敵左胴二切次二左足より継足尓て真向へ切り納刀前同し。

読み
これも、歩み行くうち、抜き付けに払い捨て、左足を込みて左八相より敵(の)右首根に、又、右足を込みて右八相より敵(の)左胴に斬り、次に左足より継足にて、真向へ切り納刀前に同じ。

「追加ハ相」、「抜き付けに払捨て」、「左足を込み」などの聞きなれない言葉に惑わされますが、しごく単純な業です。前回の「追加斬撃」も不思議な言い回しでしたが、真向斬り下す事を二度行っていました。此の業も八相の切りが二度ある事を意味します。左足を込み・右足を込みは踏み込むことを言っていると解釈できます。

 これも歩み行くうち、敵が斬りこまんとする処、右足出る時鯉口を切り、左足出る時柄に手を掛け刀を抜き出し、右足を踏み込むや、切り下さんとする敵の右小手を抜き付けに横一線に払い捨て、敵退かんとするに乗じて切先を左に返して左八相にとるや左足を踏み込んで敵の右首根に逆八相に斬り付ける。更に敵退かんとするを右八相に振り冠り右足を踏み込むや敵の左胴に斬りこむ。その足踏みの儘残心、刀を右に開き血振り、納刀す。

竹刀剣道の影響から、上段に振り冠ってから八相に斬りこむ動作が現今一般的ですが切り付けた切先を返してそのまま八相に構える事としました。無駄な動作を不要とします。或は一歩譲って上段に構えるならば、其の動作は敵が退かんとする其の「ひ」に乗じて、左足を右足に引き付けつつ上段に振り冠り、真向打ち下ろしなり、八相、逆八相に斬りこむべきでしょう。 
又余談ですが、無双直伝英信流では上段の構えは、額の前上に左手で柄を握り右手を頭上後に低くして、刀尖を45度下に向けた構を所作としていますが、大きく刀を振る稽古としては良いでしょうが、この振り冠りは手打ちを養成してしまい、体を使って斬りこむ動作を妨げます。更に組太刀などで相手が切先上がりの上段で我は切先下がりの上段では簡単に打ち負かされてしまいます。一考を要します。

 

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

曾田本その1付録抜刀術(曽田虎彦私剣 研究中)その2追加斬撃

曽田本その1付録抜刀術
(曽田虎彦私剣 研究中)
その2追加斬撃

原文
是も歩ミ行内冠りたる敵の拳へ抜き付左足を継き足にて一度ハ浅く二度目ハ深く斬下し次に右足を引と同時二左手を切先二刀を腰二とりて残心左足を引きて刀を開き納る也

読み
是も歩み行く内冠りたる敵の拳へ抜き付け左足を継足にて一度は浅く二度目は深く斬り下し、次に右足を引くと同時に左手を切先に、刀を腰に取りて残心
、左足を引きて刀を開き納める也。


文章に抜けが有って、それを補うには動作を付けざるを得ません。やってみます。
歩み行くうち、右足を踏み込んで鯉口を切り、左足踏み込み柄に右手を掛け刀を抜きつつ上段に振り冠って切り下ろさんとする敵の右拳に、右足を踏み込んで抜き付ける。左足を右足に引き付け上段に振り冠り、退かんとする敵の真向に右足を踏み込み顎のあたりまで斬り下し左足を継足し、再び上段に振り冠って、更に引く敵に右足を踏み込み真向より深く(水月の辺りまで)斬り下す。次に右足を後方に退くと同時に切先に左手を添え残心、十分と見るや左足を引いて刀を右に開き、その右足前の体勢の儘刀を納める。

 大森流居合の逆刀(大江居合の附込)を改変して敵の打込みを摺り落し斬り付けるのと違い、打ち下ろさんとする敵の右拳へ抜き付け、敵引く処を追い込んで斬るわけです。
「敵の拳への抜き付」がポイントですが、抜刀の方法を工夫しませんと、両断されてしまいます。序破急を目で見てわかる様な抜刀では間に合いませんし、鞘の返しなどに時間をかけている様でも両断されます。
 此処は横一線の抜き付けで一瞬に相手の拳に斬り付けるには、鯉口を切ると同時右手を柄に掛け、左手を後方に引き右手を刃を上にしたまま刀を抜き出し、切先まで抜き出すや鯉口から切先が出る瞬間に拳を返して相手の拳に抜き付けるべきでしょう。但しへぼは鯉口を切る時指を自損したり、鯉口を割ったり散々でしょう。無双直伝英信流の演武の時の抜き付けで、上段に冠った敵の打ち下ろしに応じられる人はどれだけいるでしょう。
 曽田先生のこの居合の意図する処が述べられていませんので、取り敢えず充分この業で此の動作で稽古してみて実用に堪え得る技を磨く一つでしょう。

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

曾田本その1付録抜刀術(曽田虎彦私剣 研究中)その1真向斬撃

曽田本その1付録抜刀術
(曽田虎彦私剣 研究中)
その1 真向斬撃

原文
 歩み行内右足尓て抜きつ希次二左右何れ尓ても受流して体を斜前二展き直二真向へ斬り下し次二刀を開き血振納刀足踏ミハ其侭也
 受流しハ左肩なる時ハ左足を右足の前二踏ミ出して受流し次二左足を引きて冠り真向へ斬り下也又右肩なる時ハ右足を少し左二寄せて受流し右足を引きて真向へ討込む也

読み
 歩み行くうち右足にて抜きつけ、次に左右いずれにても受流して体を斜め前に開き直に真向へ斬り下し、次に刀を開き血振り、納刀、足踏みは其の侭也。
 受流しは左肩なる時は、左足を右足の前に踏み出して受流し、次に左足を引きて冠り真向へ斬り下す也。又、右肩なる時は右足を少し左に寄せて受流し右足を引きて真向へ討込む也。

 曽田先生が古伝神伝流秘書や居合兵法極意秘訣などと共に師伝を学ぶ中で研究中とは言え考案された抜刀術の業名一本目「真向斬撃」です。現代居合の奥居合立業を基礎として稽古して見ます。記載されている業数は5本あります、一本づつ毎日連載します、業名は以下の通りとなります。
1本目、真向斬撃
2本目、追加斬撃
3本目、追加八相
4本目、四方
5本目、弛シ刀

1本目、真向斬撃
 歩み行くうち、右足出たる時左手で鯉口を切り、左足を踏み込みつつ、右手を柄に掛け刀を抜き出し、敵が斬り懸らんとするや右足を踏み込み横一線に敵の右拳に抜き付ける。敵右足を引いて我が抜き付けを外すや刀を上に抜き上げ、真向から斬り下ろす、我左足を右足の稍々前に踏み込み左肩を覆う様に敵刀を頭上で受けるや左足を引いて右身となって敵刀を摺り流し左手を柄に掛けるや敵の真向に斬り下す。
 状況から右肩を囲う様に受けるべきと判断した時は、右足を稍々左に摺り込み同時に右拳を上向きに返して右肩を覆う様に取って敵の打ち込む刀を受け右足を引いて左身となって摺り落し、左手を柄に掛けるや敵の真向に打込む。
 足踏みは左肩受け流しの場合は右足前、右肩受け流しの場合は左足前の侭、刀を右に開き、納刀。
 曽田先生は受流す際、左肩を覆って敵刀を受流し、同時に左足を引いて真向に斬り下して居ます。その際右身になっていますが正面を見ているはずです。現代居合では敵は受け流されて我が左に体を流して斬られる想定です。無双直伝英信流の真向斬り下す体勢は決して前のめりになったりすることはありません。
 受け流しの際踏み込んだ左足又は右足を引いて、真向に打込んでいますが、大きく引いてしまうと間が外れてしまいます、敵は受け流されて前のめりになる程のへぼはめったに居ないでしょう。この業は仮想敵相手に自分に都合の良い間と間合いで勝つばかりでは意味のない業です。設対者に応じてもらい充分研究するものでしょう。
 横一線に小手を切られた敵が怯まずに真向に打ち込んで来るので、左足を右足前に踏み込み左肩を覆う様に体を右身に開いて受け流し左足を引いて上段から真向に斬り下す。又は右足を稍々左に 摺り込み右肩を覆う様に体を左身に開き敵刀を右に受け流し右足を引いて上段から真向に切り下す、此の場合は右足を踏み込んでから引いているのではないので右足を引いてしまうと我が体は横一線の抜き付けの位置より一歩後退して真向に斬り下すことになります。相手との間が左肩を覆う様に受け流すよりも間が遠くなるのでここは受け流されても猶追い込んで来る敵を真向に斬る、となる筈です。或は大きく踏込んで来る敵の動きを察して右肩を覆う様に受け流し右足を退き真向に斬る。
 曽田先生もご自分で足捌き体裁きを研究されたでしょうが、一本目の真向斬撃は二本の業として稽古すべきでしょう。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

介錯口伝・他・神妙剣 女剣士 居合兵法の和歌15-7 居合兵法極意巻秘訣15-6 居合兵法極意秘訣15-3 干支を読む 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書を楽しむ 曽田本その1の3業附口伝原文4大小立詰 曽田本その1の3業附口伝読み解く4大小立詰 曽田本その2を読むの2 曽田本その2を読むの3 曽田本その1の1神傳流秘書を読み終えて 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く始めに 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く2居合兵法伝来 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く3大森流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く4英信流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く5太刀打之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く6坂橋流棒 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流1詰合 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流2大小詰 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流3大小立詰 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く8大剣取 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く9抜刀心持之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌 曽田本その1の1神傳流秘書原文始めに 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文2居合兵法伝来 曽田本その1の1神傳流秘書原文3大森流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文4英信流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文5太刀打之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文6坂橋流棒原文 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流1詰合 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流2大小詰 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰 曽田本その1の1神傳流秘書原文8大剣取 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事 曽田本その1の2英信流目録原文初めに 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合巻 曽田本その1の2英信流目録読み解く初めに 曽田本その1の2英信流目録読み解く1居合棒太刀合巻 曽田本その1の3業附口伝原文を読み解く初めに 曽田本その1の3業附口伝原文1太刀打之位 曽田本その1の3業附口伝原文2詰合之位 曽田本その1の3業附口伝原文3大小詰 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位 曽田本その1の3業附口伝読み解く3大小詰 曽田本その1の4居合根元之巻原文 曽田本その1の4居合根元之巻読み解く 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣原文 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣原文 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣原文 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く 曽田本その2を読む 曽田本その2を読むの4 曽田本スクラップ土佐の居合 曽田本スクラップ居合 曽田本スクラップ戦時下 曽田本免許皆伝目録15-11 曽田本業附口伝15-10 曾田本その1の8その他原文 曾田本その1の8その他読み解く 曾田本その1の9居合兵法の和歌原文32首 曾田本その1の9居合兵法の和歌読み解く32首 曾田本その1付録曽田虎彦研究中抜刀術 曾田本その2を読み解く 神傳流秘書14-10英信流目録小太刀之位 神傳流秘書14-1序 神傳流秘書14-2引歌及び伝来 神傳流秘書14-3大森流・英信流・太刀打 神傳流秘書14-4棒 神傳流秘書14-5詰合 神傳流秘書14‐6大小詰・大小立詰 神傳流秘書14‐7大剣取 神傳流秘書14‐8抜刀心持之事 神傳流秘書14‐9夏原流和之事 秘歌之大事 稽古の日々 英信流居合目録秘訣15-4 英信流目録15-8 道場訓