道歌5柳生石舟斎兵法百首

2020年7月13日 (月)

道歌5柳生石舟斎宗厳兵法百首5の89兵法を下手ぞとあらば争はで

道歌
5、柳生石舟斎宗厳兵法百首
5の89兵法を下手ぞとあらば争はで

兵法百首
兵法を遍多楚とあらハあらそハて
       よ尓志ん可う能人尓をしへ与

兵法を下手ぞとあらばあらそはで
       よにしんかうの人尓おしへよ

兵法を下手ぞと有らば争はで
       余に親交の人に教えよ

 兵法を下手だと云うのであれば口論などしていないで、私と深い交わりのある人に話して見れば。

 「争う」とは、互に張り合って勝とうとする・競争する・また喧嘩する・口論する。
 「争はで」とは、否定することをしないで・いかにも尤もと思われるならば。
 「しんこう」とは、「信仰」、信じたっとぶこと・宗教活動の意識的側面。「親交」、深く交わること・深い交際。(広辞苑より)

 この歌も、石舟斎の歌心が見えなくて悩まされます。読んで見たのですがこれで精一杯です。それでも良い解釈になったように思います。下手だ間違っているなど、稽古では同輩同士では間々あるものです。
 へぼ同士でとやかく言って居ても始まらないので、直に師の処へ、「こう打込んだらこんな風に返された、何か変なので、本当はどうするのですか」と解っていても、口論しても意味無いので聞きに行く私・・。
 三学円の太刀の一刀両段で相手の左肩に打込んだら、相手は見事に我が袋竹刀を叩いて来る。相手の切先は思いっきり叩いて来るので我が右肩の右に抜けてしまっています。我袋竹刀は右に外されているのですが・・意味ない動作です。其処から再び打ち合いが始まってしまいます。ここは、相手は我が袋竹刀を打つのではなく左肩を躱して同時に我左拳に打込む業なのです。新陰流は、外した時が切った時と云う基本的な事が解っていないために起こる事なのです。「新陰流に受け太刀は無い」常日頃から言われているのですが、形ばかりにこだわるへぼ先輩の教えによる誤った動作なのでしょう。
 

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

道歌5柳生石舟斎宗厳兵法百首5の88人を斬らん心はしばし兵法に

道歌
5、柳生石舟斎宗厳兵法百首
5の88人を斬らん心はしばし兵法に

兵法百首
人を幾らん心は志ハし兵法に
      王連可う多連ぬ奈らひして未天

人をきらん心はしばし兵法に
      われがうたれぬならいしてまで

人を斬らん心は暫し兵法に
       我が打たれぬ習いしてまで

 人を斬るのだという心持ちなのに、暫しの間兵法の稽古に我が打たれぬ習い迄している。

 これでは新陰流の兵法の根元にも程遠い様で、石舟斎も苦笑している様です。
 「われがうたれぬならいしてまで」の下の句の動作を思うと、相手の打込みを受太刀になって防護している姿を思い描きます。受太刀になったはいいのですが、しっかり受けてしまえば其処に居付いてしまいます。相手が更に打込んで来る又受太刀となる、下がり乍ら受けていたのでは其の内壁に追い込まれるか、拍子を外されて斬られてしまいます。
 刀の構造から受太刀は刃で受けるのが原則です。木刀や竹刀ならば気にもしないのですが、日本刀の刃はボロボロになってしまいます。受けるだけの余裕があるのならば、受太刀となる動作に随って往なして打込んでしまうなど課題はあるもので、剣道型や無双直伝英信流居合道形の演武で真剣で演じるならば其処まで見せてもらいたいものです。

 石舟斎が上泉伊勢守から伝授された三学円太刀の一刀両断を柳生流新秘抄から見てみます。
 「・・此構へ下段にして車の太刀なり。巡り打たん為に弓手の肩をさし向けて見せ、敵より肩を切るとき、車に打こめば、身の捻りにつれて肩はをのづからに外れ、二星を勝なり。二星と云ふは敵の両拳なり。・・」今村嘉雄著史料柳生新陰流より。

 我は左の肩を差し向け、此処を切れとばかりに誘い、敵が肩に斬り込んで来るのを、身の捻りで外して二星に打ち込んでいます。一般に手に入れられる柳生新陰流の教本は、岩浪文庫の柳生宗矩の兵法家伝書の付・三学円太刀の方が古い勢法ですから少し違いますが考え方は同じです。

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

道歌5柳生石舟斎宗厳兵法百首5の87旅にして勝とばかりの兵法は

道歌
5、柳生石舟斎宗厳兵法百首
5の87旅にして勝とばかりの兵法は

兵法百首
多ひ尓して勝と計能兵法は
      い川連も地うちと多ん成介り

たびにして勝と計りの兵法は
      いづれも地うちとたん成けり

旅にして勝つとばかりの兵法は
      何れもちうちとたんなりけり

 旅に出て、何時でも何処でも勝てるとばかりに思う兵法は、その場では何れも間違った打込みで、その時の愚かなはずみに過ぎないよ。

 「ばかり」とは、「計る」数量を計る。物事を推し考える、考える・分別する・推しはかる・予測する。
 「ちうち」とは、「ち」は地の文字ですが「智・知」か「痴」でしょうが此処は「痴」として、おろかなこと・おろか・無知・正しい認識の欠如。
 「とたん」とは、ちょうどその時・はずみ・ひょうし。 

 この歌の歌心が何となくわかる様で、解らない。上の句は兎も角下の句の「何れもちうちとたん」をどの様に読むのか解りません。心の赴くままに石舟斎の思いはここかなと、精一杯読み解いてみました。旅に出なくとも、お前の腕ではそんな処か、と云われそうです。
 此処まで87首読んで来ているわけで、こんな事を云いたかったのだろうか、あんな事かも知れないと思う次第です。新陰流に少しは入りこめて来たような。突き放されそうな。

 あまり考えずに、これでもいい感じです。「旅に出て我が新陰流は何処でも勝てると思っていても、何れも地面を打ったり、覚束なくトタントタンと棒振りしているばかりだ。」
 是ではいくら「ミツヒラ 思いつくままに」でも酷いかな。
 作家の村山知義氏は「無刀の伝」の中で「宗厳も当時の兵法家の常として、文字のたしなみなく、この「兵法百首」は歌になっていないものが大半だが、いま私がいかに首をひねって考えて見ても、意味のつかめないものがたくさんあるのには困ってしまう。」と書かれています。ついでに「これを宗厳より35歳年長で、元亀2年1571年に死んだ塚原卜伝の「卜伝遺訓抄ー卜伝百首」とくらべて見ると、少なくとも卜伝のは意味のつかめないものはない。しかも卜伝のは遥かに実戦的、実用的であり・・」とされています。
 此処まで言われたら卜伝百首も読まないわけにいきません。この石舟斎兵法百首の後にこの7月27日から「卜伝百首」に取り組みます。

   

| | コメント (0)

2020年7月10日 (金)

道歌5柳生石舟斎宗厳兵法百首5の86兵法を習い其の身のふりかゝり

道歌
5、柳生石舟斎宗厳兵法百首
5の86兵法を習い其の身のふりかゝり

兵法百首
兵法を奈らひ其身の不りかゝ里
      こゝろ己と葉尓気遣をせよ

兵法をならひ其身のふりかゝり
     こころこと葉尓気遣をせよ

兵法を習い其身の振り懸り
     心言葉に気遣をせよ

 兵法を習い其の身に降りかかって来る人の気持ちや言葉に、あれこれと心を使いなさい。

 「こころ」とは、知識・感情・意志の総称。思慮・おもわく。気持・心持・思いやり・なさけ。情趣を解する感性。望み・こころざし。特別な考え・裏切り・あるいは晴れない心持ち・ふたごころ。おもむき。事情。趣向・くふう。意味。わけ・謎解きの根拠。
 「気遣」とは、あれこれと心をつかうこと・心づかい・気がかり・心配。(広辞苑より)

 兵法が出来るだけのことで、仕懸けられる事もある、其の際には相手の思いや、言葉のはしはしにも気を使って争いを起すな。当然自分の思いや言葉にも気を使えというのでしょう。
 相手の気持ちも考えないで一方的に決めつけるなど兵法の極意からも遠いことだと諭されている様です。なかなかそこまでになり切れなくて困ったものです。
 最高の極意は戦わないで和すことでしょう。

| | コメント (0)

2020年7月 9日 (木)

道歌5柳生石舟斎宗厳兵法百首5の85義理情深き弟子にと兵法の

道歌
5、柳生石舟斎宗厳兵法百首
5の85義理情深き弟子にと兵法の

兵法百首
きり情不可き弟子尓と兵法の
      極意をおしミひしや者多さん


ぎり情ふかき弟子にと兵法の
      極意をおしみひじやはたさん

義理情け深き弟子にと兵法の
      極意をおしみ秘事や果たさん

 人の踏み行う正しい道を歩き思いやりの深い弟子には、兵法の極意を伝授しない事を惜しんで秘事を伝授しよう。

 「義理」とは、正しい道筋・ひとのふみ行うべき道。人が他に対して交際上のいろいろな関係から務めねばならぬ道・対面・面目・情宜。血族でないものが血族と同じ関係を結ぶこと。わけ・意味。
 「情け」とは、もののあわれを知る心。ものをあわれむ心・慈愛・人情・思いやり。みやびごころ・風流心。風情・興趣。男女の情愛・恋情・恋ごころ。情事・色情。義理。情にすがること・お慈悲・おなさけ。
 「おしみ」とは、「おしむ」愛しむ・惜しむ(手放さねばならぬものを)捨て難く思う・愛情を持つ・名残惜しく思う。いとしく思う・深くめでる・いつくしむ。物惜しみする・出し惜しむ。大事にする・尊重する。(広辞苑より)

 義理の意味の複雑な事から、金品授受や過度なへつらい、忖度、など極意の秘事を伝授すべきでない者への伝授は無いと思いたい処ですが、現実の世界では、それも世渡りの一つの如くあるとすれば、その様な事で得た極意を実戦で使えるのかどうか疑問です。
 極意の秘伝は、習い覚えた事を正しく伝える事の出来る人であり、其の為には正しい人の道を歩き、人への慈愛に満ちた人であるべきでしょう。
 師たるもの目録授与された程度のものをもって権威を得たとばかりに弟子を抱え、権力を振り回す様なニセモノを見抜く目も必要なのでしょう。
 石舟斎も柳生の庄の土地を秀吉の天正13年1585年の検地の頃、かつての剣友であり、弟子でもあり、敵味方で戦った松田何某の密告によって柳生の領地を全部没収されたとか苦い経験も歌には秘められていそうです。


 

| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

道歌5柳生石舟斎宗厳兵法百首5の84我が太刀に我と非を打つ工夫して

道歌
5、柳生石舟斎宗厳兵法百首
5の84我が太刀に我と非を打つ工夫して

兵法百首
我太刀耳我と非を打工夫して
       川もり位の古ゝろよくしれ

我太刀に我と非を打つ工夫して
       つもり位のこころよくしれ

我が太刀に我と非を打つ工夫して
       積もり位の心よく知れ

 自分の太刀に、自分で何処が悪いのかを指摘する位の工夫をして来る心づもりが欲しいものだ。

 石舟斎の太刀の何処が悪いのか指摘する位の考えをもって臨む位の心が欲しい。

 「非を打つ」とは、まず「非」とは、道理にあたらないこと・よこしまなこと・不正。うまくゆかないこと。あやまり・きず・欠点。非難。
 名詞に冠して、そうでない意を表わす語。「非を打つ」とは、わるいところを指摘する・非難する。
 「つもり」とは、つもること・かさなり・かさなった結果。前以っての計算・見積。心ぐみ・考え・予想。程度・限度。酒宴の最後の酌・おつもり。
 「位」とは、物の等級または優劣。人や芸術作品などの品位・品格。数値のけた。(副助詞的にグライとも)体言、活用語の連体形、各助詞などいついて、大体の程度や、それに限定する意を表わす・ほど・ばかり・だけ。(広辞苑より)

 この歌も、稽古に臨んでの門人の心構を諭している様に聞こえて来ます。自分のでき具合位自分で考えろ、師匠の何処に問題があるかを事前事後でも指摘できる位の心掛けも大事だ、との歌心とも聞こえて来ます。この歌心が後に柳生兵庫助による始終不捨書になったと云えるかもしれません。
 兵法百首を残した石舟斎の心は、百首の一首目から人生においても兵法に於いても、其処に居付いてしまわない心、新陰流截相口伝書亊の色付色随事・懸待有之事などに明確です。
 

 

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

道歌5柳生石舟斎宗厳兵法百首5の83兵法は利かたと聞かば少しにも

道歌
5、柳生石舟斎宗厳兵法百首
5の83兵法は利かたと聞かば少しにも

兵法百首
兵法者利可多と聞ハ春こし尓も
       幾ゝし流徳を何尓多とへん

兵法は利かたと聞はすこしにも
      きゝしる徳を何にたとへん

兵法は利方と聞かば少しにも
      聞き知る徳を何に譬えん

 兵法は利のある事と聞けば少しでも聞き知る恵を、何に譬えれば良いのだろう。

「利かた」とは、利益のある方法・便利な考え方。
「徳」とは、心に養い身に得たところ・人道をさとって行為にあらわすこと・道徳・善導・正義が行為にあらわれること。道徳的に善い行為をするような性格の習慣。生来有する性質・天性・品性。人を感化し、また敬服させる力・名望・徳化。恩恵を施すことまたそれを受けること・めぐみ・おかげ。幸福、財産を有すること・富・裕福。利益・得分・もうけ。

 石舟斎の「一流の紀綱・柳生家憲」には、他流と試合しても何の足しにもならずかえって恥をかき、師にも難を及ぼすとして法度としています。その反面「他流を育て相尋ねる事尤も也、世上修行するほどの仁は、一つ二つ是非共に然るべき極意を存ずる者也」とされています。
 善いと思う事は積極的に聞き知る事は何にも譬えられない徳である。と歌っているのでしょう。
 そう云えば尾張柳生には林崎甚助重信の弟子長野無楽齋槿露の弟子の系統による居合が組み込まれていたり、宮本武蔵の圓明流による二刀勢法、還流の槍、新当流薙刀、静御前の静流薙刀(自在剣)、十兵衛杖などが通常の稽古にも組み込まれています。

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

道歌5柳生石舟斎宗厳兵法百首5の82兵法は鍛錬軽業その外に

道歌
5、柳生石舟斎宗厳兵法百首
5の82兵法は鍛錬軽業その外に

兵法百首
兵法ハ多ん連ん可留王さ其外尓
      奇妙の古ゝろ弟子尓奈らハ也

兵法はたんれんかるわざ其外に
      奇妙のこゝろ弟子にならばや

兵法は鍛錬軽業其外に
      奇妙の心弟子にならばや

 兵法はまず習い極めること、身軽に業を演じられる事、其の外には、普通とは異なる優れた業技法を身に付ける、その様な心持ちの弟子になる事だ。

 「たんれん」とは、金属をきたえねること・きたえること。ならいきわめること・錬磨すること。修養・修行を積むこと。酷吏が、罪のないものを罪に陥れること。
 「かるわざ」とは、危険な曲芸を身軽に演じるもの。甚だしく冒険的な計画又は事業。
 「奇妙」とは、珍しいこと・不思議なこと。普通とはかわってすぐれていること。

 鍛錬・軽業・奇妙を心がける自分の心の弟子になる事だと云うのでしょう。誰かの弟子になってもそれらを身に付けられる様には成れない、自分の心掛けだ。と歌っているのでしょう。まさにその通りでしょうね。成りたい者には自分が成るつもりにならなければなれっこないでしょう。師とはそんな弟子の気の付かない事にそっと手を貸すだけでいいのです。俺の言う通りやれ、俺の真似をしろでは師匠を超えられっこない。

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

道歌5柳生石舟斎宗厳兵法百首5の81兵法に積位を習い問へ

道歌
5、柳生石舟斎宗厳兵法百首
5の81兵法に積位を習い問へ

兵法百首
兵法尓積くらゐを奈らひとへ
      未保う耳こゝろ可け奈行末

兵法に積くらいをならひとへ
      まほうにこゝろかけな行末

兵法に積る位を習い問へ
      真法に心かけな行く末

 兵法に沢山ある業の位を習い問いなさい、そして真実の法を見出す様に心がけるのだ行く末までも。

 この歌は、全く心に響いてきません。無理やり読んで見たのですがスッキリ来ない。読み下しが間違っているのか、文言にあやまちがあるのかそれすら浮んで来ません。そこで、単語を1つづつその意味を確認しつつ、私ならばこの句はこう読むとしてみました。
 「積る位」とは、兵法にうず高く積み上げられている様な業技法と読んで見ました。
 「ま法」とは、真法・真実の法・まことの法。魔法の語句はこの当時使われた例を知らない。魔法であれば、不思議な事柄位が丁度いい。
 「心かけな」とは、心懸けるなり、と断定的に云う場合の断定の助動詞として「な」をおいた。

 石舟斎の歌心がこの解釈であったか否かは、知る由もない、私なら、自流の業でも他流の業でも、知りたいと思ったらとことん考えてみて、やって見た上、疑問にぶつかれば人に聞くなり、伝書やその流の手附や考え方から、真実はどれか、自分の持ち業として納得できるか突き詰めてみるのです。今ある自分をフル活動させて。国文学としての解釈には全く興味はなく、武術の心得として石舟斎に迫れればうれしいのですが・・。ミツヒラ 思いつくままに。

 

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

道歌5柳生石舟斎宗厳兵法百首5の80新陰を余流となすと兵法に

道歌
5、柳生石舟斎宗厳兵法百首
5の80新陰を余流となすと兵法に

兵法百首
新陰を余流と奈須と兵法に
      きめうのあらハ習多川祢ん

新陰を余流となすと兵法に
      きめうのあらば習たずねん

新陰を余流と為すと兵法に
      奇妙のあらば習い尋ねん

 新陰流を、どこぞの流から分れたに過ぎないものと云う、其の兵法に優れたものが有るならば出かけて行って習いたいものだ。 
 
「余流」とは、本流から分れた流・支流
「奇妙」とは、珍しいこと・不思議なこと。普通とはかわってすぐれていること。

 新陰流は、上泉伊勢守が石舟斎に授与した印可状に記されている様に「某、幼少より、兵法兵術を志すに依って、諸流の奥源を極め、日夜工夫鍛錬致すに依って尊天の感応を蒙り、新陰の流を号し天下に出でて伝授せしめんと、上洛致す処、慮らず参会申す・・」。と述べています。
 新陰流目録では「・・上古の流有、中古念流・新当流亦また念流有り、其の外は計るに勝てず。予、諸流の奥源を究め、陰流に於いて別に奇妙を抽出し、新陰流を号す。予諸流を廃せずして諸流を認めず・・」。更に詳細に新陰流の由来を明確にしています。この文章から新陰流は陰流を基に其処から優れた兵法を抽出した「新陰流」だから陰流の余流と云う見方もあって然るべきとは思えますが、それ以前に念流や新当流を学んで奥源を究めているわけで、陰流だけの余流とは言い得ないものでしょう。更に云う「予、諸流を廃せずして諸流を認めず」ですから、新陰流はそれまでの兵法の借り物ではないと言い切ったのです。

 石舟斎も近隣の兵法を学び終わっていたとしても、上泉伊勢守と試合して歯が立たず、改めて学び直したもので、余流呼ばわりには腹を立てるよりも、そんなに優れた兵法を持つならば、学んで見たいと歌っています。
 この歌心を、素直に受け止め上泉伊勢守の新陰流の単なる伝承者では無く、私は、兵法の真髄に迫ろうとする前向きな石舟斎の心を感じます。
 新陰流の稽古ばかりではなく、どこぞの稽古でも単に自流の業技法を上手に真似て伝承者として事足れりでは、移り行く時代に応じられる訳は無いでしょう。

  

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

介錯口伝・他・神妙剣 女剣士 居合兵法の和歌15-7 居合兵法極意巻秘訣15-6 居合兵法極意秘訣15-3 干支を読む 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書を楽しむ 曽田本その1の3業附口伝原文4大小立詰 曽田本その1の3業附口伝読み解く4大小立詰 曽田本その2を読むの2 曽田本その2を読むの3 曽田本その1の1神傳流秘書を読み終えて 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く始めに 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く2居合兵法伝来 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く3大森流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く4英信流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く5太刀打之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く6坂橋流棒 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流1詰合 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流2大小詰 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流3大小立詰 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く8大剣取 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く9抜刀心持之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌 曽田本その1の1神傳流秘書原文始めに 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文2居合兵法伝来 曽田本その1の1神傳流秘書原文3大森流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文4英信流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文5太刀打之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文6坂橋流棒原文 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流1詰合 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流2大小詰 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰 曽田本その1の1神傳流秘書原文8大剣取 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事 曽田本その1の2英信流目録原文初めに 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合巻 曽田本その1の2英信流目録読み解く初めに 曽田本その1の2英信流目録読み解く1居合棒太刀合巻 曽田本その1の3業附口伝原文を読み解く初めに 曽田本その1の3業附口伝原文1太刀打之位 曽田本その1の3業附口伝原文2詰合之位 曽田本その1の3業附口伝原文3大小詰 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位 曽田本その1の3業附口伝読み解く3大小詰 曽田本その1の4居合根元之巻原文 曽田本その1の4居合根元之巻読み解く 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣原文 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣原文 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣原文 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く 曽田本その2を読む 曽田本その2を読むの4 曽田本スクラップ土佐の居合 曽田本スクラップ居合 曽田本スクラップ戦時下 曽田本免許皆伝目録15-11 曽田本業附口伝15-10 曾田本その1の8その他原文 曾田本その1の8その他読み解く 曾田本その1の9居合兵法の和歌原文32首 曾田本その1の9居合兵法の和歌読み解く32首 曾田本その1付録曽田虎彦研究中抜刀術 曾田本その2を読み解く 無雙神傳英信流居合兵法1抜刀心持之事 神傳流秘書14-10英信流目録小太刀之位 神傳流秘書14-1序 神傳流秘書14-2引歌及び伝来 神傳流秘書14-3大森流・英信流・太刀打 神傳流秘書14-4棒 神傳流秘書14-5詰合 神傳流秘書14‐6大小詰・大小立詰 神傳流秘書14‐7大剣取 神傳流秘書14‐8抜刀心持之事 神傳流秘書14‐9夏原流和之事 秘歌之大事 稽古の日々 英信流居合目録秘訣15-4 英信流目録15-8 道場訓 道歌3田宮流居合歌の伝 道歌4無外流百足伝 道歌5柳生石舟斎兵法百首 道歌6卜伝百首